花粉症の薬【強さ】ランキング|最強はジルテック?ザイザル?

花粉症の薬
 >  強い薬ランキング

花粉症の薬を「効き目の強さ」でランキング

「薬を飲んでも花粉の症状が全然治まらない」
「花粉症の薬って本当に効くの?」
「本当に強い花粉症の薬が欲しい!」

花粉症の薬は、どれも効き目が同じというワケではありません。特に花粉症による鼻水やくしゃみ、痒みなどの症状が激しく出ている時であれば、本当に強い薬でなくては効果が得られません。今回は数多くの種類がある花粉症の薬を効き目の強さでランキングを作りました。

花粉症の薬強さランキング

第1位 アレロック

病院で処方される花粉症の薬の中でも、効き目が最も強いのがアレロックです。即効性にも優れているアレロックは、花粉の辛い症状をピタッと止めることができます。アレロックは、辛い鼻水や痒みなどの症状から一刻も早く解放されたい方におススメな花粉症の薬です。

ただし、効き目が強い代わりに、眠気も強く現れてしまうのがアレロックの弱点です。薬の強さと眠気の強さは比例する傾向にあります。

花粉症の薬強さグラフ

また、1日2回の服用が必要となりますので、1日のうちに2回眠気のピークが襲ってきます。アレロックを服用した後は、車の運転や精密機械の操作などを行わないよう注意してください。アレロックは通販購入することができません。

第2位 ジルテック

2番目に強い効き目を持っているのがジルテックです。1位のアレロックとほとんど遜色のない効果と即効性を持つ薬ですが、ジルテックの服用回数は1日1回までです。1日2回のアレロックと比べると、後半に効き目の減弱を感じてしまう可能性があります。とはいえ、基本的には1日1回で24時間効果が持続するように作られていますので、ジルテックでも十分な効果が得られる方も多いでしょう。

ジルテックにも、効果が強い花粉症の薬の宿命ともいうべき眠気の副作用が現れます。とはいえ、ジルテックは就寝前に服用するのが基本となるため、アレロックと比べれば日中の眠気はそこまで気になりません。

ジルテックについて詳しく

第3位 ザイザル

3番目に強い効果を持つ花粉症の薬がザイザルです。ザイザルは、ジルテックの眠くなる副作用が軽減するように改良して作られた薬です。眠気が抑えられているぶん、効き目もジルテックと比べると多少劣ります。とはいえ、効き目の強さは十分保たれており、即効性と持続性はジルテックと変わりません。花粉のピーク時にも使えるくらいの強さを持ちつつも眠くなりにくいザイザルは、バランスに優れた扱いやすさから、非常に高い人気を誇る花粉症の薬です。

ザイザルについて詳しく

第4位 アレグラ

アレグラは上記の2つの花粉症の薬と比べると、効き目・即効性・持続性というあらゆる効果の強さの面で劣っています。既に花粉症の鼻水やくしゃみの症状が激しく出てしまっている場合にはアレグラは向きません。
アレグラが強さを発揮するのは、花粉症の「予防」です。花粉症のシーズンが始まる前からアレグラを飲み続けることで、花粉症の発症を予防することができます。ジルテックやザイザルのような強すぎる薬は、花粉症の予防には向きません。シーズン前から長期間飲み続けることで、身体が薬に慣れてしまい、効きにくくなってしまうからです。アレグラは、花粉症を未然に防ぎたいという方におススメな花粉症の薬です。

アレグラについて詳しく

どうしても効かない場合は?

ここまで第二世代抗ヒスタミン薬の強い薬のランキングを紹介しましたが、これらの薬を使用しても効かない場合には外用薬を併用するのが効果的です。
特に鼻閉(鼻詰まり)の症状が極端に酷い場合には、血管収縮剤入りの点鼻薬(点鼻用血管収縮薬)が有効です。点鼻用血管収縮薬は、血管を収縮して鼻腔粘膜の腫れを抑える薬です。1日1~2回を限度に点鼻用血管収縮薬を使用することで、一時的に辛い鼻詰まりの症状が緩和されます。
点鼻用血管収縮薬は強い薬ですので、長期の使用は鼻炎を悪化させるリスクを招きます。1~2週間以上の使用はできませんので気をつけましょう。点鼻用血管収縮薬としては、ナシビン点鼻薬が挙げられます。

ナシビン点鼻薬について詳しく

トップに戻る

TOPページに戻る

プライバシーポリシー

お問合せ