ナシビン点鼻薬の通販-花粉症の鼻づまりに高い即効性-

花粉症の薬
 >  ナシビン点鼻薬

ナシビン点鼻薬とは

ナシビン点鼻薬は、有効成分にオキシメタゾリン塩酸塩を配合した点鼻薬です。花粉症などによる酷い鼻閉(鼻づまり)の症状を素早く解消する効果があります。強力な薬であるため、2週間以上使用することができません。抗ヒスタミン薬との併用が可能です。シンガポールのMerck(メルク)社より製造・販売されています。

ナシビン点鼻薬の効果・適応症

ナシビン点鼻薬0.05%の添付文書に記載されている適応症は「上気道の諸疾患の充血・うっ血」です。つまり、アレルギー性鼻炎などによって生じる鼻腔から喉頭に欠けての充血やうっ血を解消する効果が期待できます。

参考文献:ナシビン点鼻・点眼液0.05% 添付文書

充血によって鼻腔周辺の末梢血管が拡張することで、鼻の粘膜が腫れて鼻づまり(鼻閉)が起こります。ナシビン点鼻薬は血管を収縮することで、鼻の粘膜の腫脹を抑えて鼻の通りを良くします。速やかに鼻粘膜血管を収縮するナシビン点鼻薬は、鼻づまりの解消に高い即効性を発揮します。

花粉症の酷い鼻づまりの症状に効果的です

花粉症に対するナシビン点鼻薬の使用は、鼻づまりの症状が酷い場合に留めてください。あくまで鼻腔の粘膜の腫れを抑える薬ですので、鼻水や痒み、くしゃみなどを改善する効果はありません。花粉のシーズン真っただ中には、抗ヒスタミン薬とナシビン点鼻薬を併用することで鼻炎の症状を強力に抑制します。

ナシビン点鼻薬の使い方

ナシビン点鼻薬は、1日1~4回点鼻できます。点鼻する際には仰向けになり、薬液を2~3滴鼻腔に入れます。首の下に枕を置いて、首がややのけ反るくらいの体勢になると投与しやすくなります。点鼻した直後はしばらくそのままの体勢を保ち、薬液が浸透するのを待ちます。片方の鼻が終わったら、もう片方の鼻にも同様にナシビン点鼻薬を投与します。ナシビン点鼻薬を使用する際には、事前に鼻をかんでおきましょう。

ナシビン点鼻薬の使用は2週間までに留めましょう

ナシビン点鼻薬は鼻づまりの改善に強力な効果と即効性を持ちますが、使い過ぎは逆効果です。血管を収縮させるナシビン点鼻薬の働きは、使い続けているうちに鼻腔の血流不足を招き、かえって鼻づまりを悪化(薬物性鼻炎)させてしまいます。最新の鼻アレルギー診療ガイドラインでは、ナシビン点鼻薬のような血管収縮薬配合剤は、1~2週間に限って使用すると勧められています。

ナシビン点鼻薬の副作用

ナシビン点鼻薬ので発現が報告されている副作用としては以下が挙げられます。

これらの副作用が見られた場合には、ナシビン点鼻薬の使用を中止して医師に相談してください。また、添付文書に記載はありませんが、ナシビン点鼻薬の長期間の使用は鼻閉の副作用を招くリスクとなりますので気を付けましょう。

ナシビン点鼻薬の使用上の注意

以下に該当する方は、ナシビン点鼻薬の投与が禁忌とされていますので使用できません。

ナシビン点鼻薬の有効成分は、オキシメタゾリン塩酸塩です。同剤を使っているジェネリックにも気を付けましょう。モノアミン酸化酵素阻害剤は、パーキンソン病やうつ病の治療薬として使用されています。心当たりのある方は、使用している薬を確認してください。

ナシビン点鼻薬の慎重な投与が必要な患者

以下に該当する疾病を持つ患者がナシビン点鼻薬を使用する場合は、医師による慎重な投与が必要となります。

いずれの疾病においても、通常の用量でナシビン点鼻薬を使用した場合、症状が悪化す可能性があります。該当する方は、ナシビン点鼻薬の使用を始める前に医師に相談して、指示に従った点鼻を行ってください。

妊婦・授乳婦・小児への投与に関して

妊娠または妊娠の可能性がある方、授乳婦、小児へのナシビン点鼻薬の投与は基本的に避けてください。妊婦に対する安全性は確立しておらず、小児では過量投与した際の副作用の発現リスクが高いとされています。治療上の有益性が危険性を上回るやむ得ない状況でのみナシビン点鼻薬の投与を行います。

参考文献:ナシビン点鼻・点眼液0.05% インタビューフォーム

ナシビン点鼻薬の通販

通販を利用することで、ナシビン点鼻薬の購入が可能です。ただし、ナシビン点鼻薬の通販購入ができるのは、個人輸入代行サービスを行っている通販サイトのみです。楽天やAmazonでは販売されていませんので、注意してください。本サイトでは、正規品のナシビン点鼻薬を取り扱っている通販サイトを紹介しています。

トップに戻る
TOPページに戻る