クラリチンとは?最も眠くなりにくい優しい花粉症の薬

花粉症の薬
 >  クラリチン

クラリチンとは

クラリチンは、有効成分にロラタジンを含有しているアレルギー性疾患治療薬です。アメリカのメルクシャープアンドドーム社から製造・販売されています。花粉症の薬の中でも、もっとも「眠くなりにくい薬」です。クラリチンでも眠くなるようでしたら、他のどの抗ヒスタミン薬でも眠くなります。その代わり症状を抑える効き目も控えめになっていますので、鼻水や痒みの症状が既に強烈に出ている方が服用しても十分な効果が得られません。OTC医薬品として「クラリチンEX」や「クラリチンEX OD錠」も2017年から販売されており、一般に広く使われています。

クラリチンの効果

アレルギー性鼻炎による鼻水や鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどの症状を緩和します。 スギ花粉やヒノキ花粉に代表される季節性の症状だけでなく、ハウスダストやノミによる通年性のアレルギー鼻炎にも効果的です。 鼻・目の症状に限らず、蕁麻疹や皮膚疾患(湿疹・皮膚炎,皮膚そう痒症)に伴うそう痒の症状も抑えます。

クラリチンの飲み方

クラリチンは、1日1回食後に服用してください。1回につき1錠ですので、1箱で20日分ご利用になれます。眠気の副作用をほとんど感じませんので、服用のタイミングは朝でも夜でも構いません。花粉症によるモーニングアタックが辛い方は、寝る前の服用が効果的です。

クラリチンの副作用

クラリチンの副作用としては以下が報告されています。

クラリチンが販売される前の臨床試験で報告された副作用全体の発現率は10.5%です。 およそ9割の患者が副作用を感じることなくクラリチンを使用しています。 クラリチンは花粉症に使われている抗ヒスタミン薬の中でも、もっとも副作用が出にくい薬です。 仮に発現したとしても、ごく軽い症状であることがほとんどであり、副作用を気にすることなくご利用になれます。

クラリチンの通販

病院で処方されるクラリチンは、医薬品専門の通販サイトから購入できます。ドラッグストアなどで売られていないのと同様に、アマゾンなどの一般的な通販サイトでは購入できませんので注意してください。

トップに戻る
TOPページに戻る