花粉症の時期がわかるカレンダー|地域別で紹介

花粉症の薬
 >  花粉症の時期カレンダー

花粉症の飛散時期を地域別のカレンダーで紹介

花粉症の季節は、春だけではありません。春に飛ぶスギ花粉だけでなく、夏に飛散するイネ、秋のブタクサなど様々な植物が花粉症を引き起こすアレルゲンになります。それら様々な植物の花粉が飛散する時期は、地域ごとに異なります。全国の花粉の飛散時期をカレンダーで紹介します。

北海道

北海道の花粉症カレンダー

北海道の花粉時期カレンダー

道南の一部を除いてスギがない北海道では、本州で猛威を振るうスギ花粉に悩むことはほとんどありません。北海道でメインとなるのは、シラカンバ(シラカバ)の花粉です。シラカンバ花粉は、4月~6月の時期に飛散して、ピークは5月です。6月中頃からはイネ花粉もそこそこ飛び交いますので、春~夏にかけての時期は油断はできません。

東北地方

東北地方の花粉症カレンダー

東北地方の花粉時期カレンダー

東北地方では、南部では2月下旬、北部では3月に入ってからスギ花粉が飛び交い始めます。さらに4月に入ってからはヒノキ花粉がピークを迎えます。畜産農業が盛んな東北ではイネ科のカモガヤが多く群生しており、春から秋にかけてイネ(カモガヤ)花粉が長く飛散し続けます。

関東地方

関東地方の花粉症カレンダー

関東地方の花粉時期カレンダー

関東地方では時期を問わず、季節を跨いで花粉が飛び続けます。2月上旬から4月いっぱいまでは、言わずと知れたスギ花粉がピークに飛び交います。春先の時期に飛ぶのはヒノキだけではありません。ヒノキ、ハンノキ花粉もが飛散を始めます。秋になるとブタクサやカナムグラがピークに至りますので、春~秋まで気が抜けません。

東海地方

東海地方の花粉症カレンダー

東海地方の花粉時期カレンダー

東海地方では、2月中旬から3月下旬の時期まで飛び続けるスギ花粉がメインです。4月に入るとヒノキやコナラ花粉もピークに飛び始めるので、春のあいだは花粉症対策が必要です。

関西地方

関西地方の花粉症カレンダー

関西地方の花粉時期カレンダー

関西の花粉の特徴は、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなど秋の時期の植物が多いという点です。他の地域と同様に2月中頃から3月にかけてはスギ花粉が沢山飛びます。4月中頃から7月まで飛散するイネ花粉もあることから、冬に入るまでは安心できません。

九州地方

九州地方の花粉症カレンダー

九州地方の花粉時期カレンダー

九州地方では、2月上旬から3月上旬まではスギ花粉、3月上旬から4月上旬まではヒノキ花粉のピークが続けざまに訪れます。その後、イネ花粉のピークが6月の下旬まで続きますので、断続的に花粉に苦しむこともあります。9~10月くらいにはブタクサ、ヨモギ、カナムグラなど秋の植物の花粉も飛散します。

トップに戻る
TOPページに戻る