アレロックは効き目に特化した花粉症の薬

花粉症の薬
 >  アレロック

アレロックとは

アレロックは、有効成分にオロパタジン塩酸塩を含有した第二世代抗ヒスタミン薬です。日本の協和発酵キリン株式会社によって製造・販売されています。第二世代抗ヒスタミン薬の中でもトップクラスの効き目を誇りますが、眠くなる副作用も出やすくなります。朝晩1回ずつの服用で、1日中効果が持続します。

アレロックの効果・適応症

アレロックの効果が実証されている適応疾患としては、以下が挙げられます。

アレルギー性鼻炎とは、花粉やハウスダスト、ダニなどに対するアレルギー反応で起きる鼻炎のことです。いわゆる花粉症とは、花粉を抗原としておきる季節性のアレルギー性鼻炎のことを指します。
「皮膚疾患に伴う瘙痒」に関しては、湿疹・皮膚炎、痒疹、皮膚瘙痒症、尋常性乾癬、多形滲出性紅斑など、かゆみや湿疹などを伴った多くの皮膚疾患が含まれます。これらの疾患に対して、アレロックを使用する場合には保険が適用されます。

アレロックは効き目に特化した花粉症の薬です

アレロックは、第二世代抗ヒスタミン薬の中でもトップクラスの効き目を誇る薬です。花粉症による鼻水やくしゃみなどの激しい症状を、ピタッと止める即効性が期待できます。アレロックの優れている点は、効果が強いうえに1日2回投与できるという所です。効き目のピークが朝と夜にそれぞれありますので、効果の減弱を感じることなく1日中快適に過ごせます。

強い効き目と引き換えに「眠気」も出やすくなります

ただし、効果が強い反面、アレロックには「眠くなりやすい」という欠点があることも忘れてはいけません。効き目の強い花粉症の薬には、眠気の副作用がつきものです。昔の第一世代抗ヒスタミン薬と比べればアレロックの副作用はかなりマシにはなりましたが、まだまだ眠気を感じる方は多くいます。同じく第二世代のアレグラやクラリチンと比べると、アレロックは「効果は強い反面、眠くなりやすい薬」といえます。

また、朝晩の服用が必要であるアレロックは、日中の眠気が避けられません。アレロックと同様に効果と眠気が強い薬として、ジルテックやザイザルが挙げられますが、いずれも1日1回投与です。1日2回投与のアレロックと違って、就寝前に服用すれば日中の眠気はあまり気にならないという方もいます。とはいえ、日中の花粉症に対する効き目に関しては、アレロックの方が強く出やすいと思われます。アレロックは、効き目に特化した花粉症の薬が欲しいという方に最適な薬です。

アレロックの飲み方

アレロックは、朝と就寝前の1日2回服用してください。アレロックには、2.5mg錠と5mg錠で2種類の規格があります。成人であれば1回につき5mgの摂取となりますので、処方された規格が2.5mg錠であれば1回2錠、5mg錠であれば1回1錠を服用してください。
アレロックを飲むタイミングは、食後・食前どちらでも問題ありません。極力12時間おきにの服用を心がけることで、アレロックの効果の持続性が高くなります。

アレロックの副作用

アレロックの副作用としては、以下が報告されています。

アレロックが日本で承認された際および販売後の使用成績調査で確認された副作用発現率は、11.0%でした。総症例数9,620例中、副作用の発現が報告されたのは1,056例でした。報告された副作用の内訳は、眠気が7%、ALT(GPT)上昇 が0.7%、倦怠感が0.6%、AST(GOT)の上昇が0.5%、口渇が0.4%という結果となりました。眠気の発現率が圧倒的に高く、その他は全て1%にも満たない発現率でした。

眠気がおこりやすことから、アレロックの添付文書には、投与中の車の運転などの危険を伴う機械の操作への従事を避けるべき旨の記述があります。

アレロックの使用上の注意

有効成分であるオロパタジン塩酸塩に対して、過敏症の既往歴がある方はアレロックを使用できません。その他、アレロックを使用できないわけではありませんが、慎重な投与が必要な患者としては以下が挙げられます。

血液をろ過して老廃物を尿に変化させる働きのある腎機能が低下している患者では、アレロックの排泄が滞るため、血中の成分濃度が高い状態が持続するおそれがあります。生理機能が低下している可能性のある高齢者でも、通常の用量では異常な血中濃度となることがありますので、状態を観察しながらの投与が必要です。肝機能障害のある患者では、アレロックの影響で障害が悪化する可能性があります。

妊婦や授乳婦、小児における使用に関して

アレロックは、妊婦や乳児、幼児などに対する安全性が確立していません。治療を行った場合の有益性がリスクを上回った場合にのみ投与します。
また、動物実験ではアレロックの母乳中への移行が報告されています。授乳婦への投与は極力避けて、やむ得ず投与する場合には授乳を中止する必要があります。

アレロックについてまとめ

アレロックは、高い効き目が特徴の第二世代抗ヒスタミン薬です。1日2回の服用で、花粉症による辛い鼻水やくしゃみの症状を鎮めます。眠気の副作用が出やすいという弱点がありますので、効き目の強さに特化した花粉症の薬を求めている方にアレロックは適しています。

アレロックでは日中の眠気が辛いという方には、1日1回投与で就寝前に飲むザイザルがおススメです。ザイザルは、高い効果と眠気のバランスに優れた花粉症の薬です。

トップに戻る

TOPページに戻る

プライバシーポリシー

お問合せ