アレグラの通販【1,480円~】眠くなりにくく、花粉予防に最適

花粉症の薬
 >  アレグラ

アレグラとは

アレグラは、有効成分にフェキソフェナジン塩酸塩を含有している第2世代の抗ヒスタミン薬です。フランスのサノフィ社から発売されています。第2世代の抗ヒスタミン薬の中でも、眠くなりにくい薬です。花粉飛散開始日の少し前から飲み始める初期療法に最適です。
日本ではOTC医薬品である「アレグラFX」が販売されており、全国放送でCMが流れていることから、最も知名度の高い花粉症の薬のひとつです。

アレグラの効果・適応症

アレグラの有効性が認められている適応症としては、以下が挙げられます。

参考文献:アレグラ錠 添付文書

アレグラの適応症のひとつである「アレルギー性鼻炎」は、大きく分けて季節性と通年性の2つに分けられます。
季節性アレルギー鼻炎とは、花粉症に代表される毎年決まった時期に発症する鼻炎のことです。スギやヒノキ、イネなどの植物による花粉を原因としておきるくしゃみや鼻水の症状全般に対して、アレグラは効果があります。
通年性アレルギー鼻炎とは、主にハウスダストを原因としておきる季節に関係なく発症する鼻炎のことです。ハウスダストには、ダニやフケ、カビ、細菌など複数のアレルゲンが混同しておきる鼻炎にアレグラは有効です。

「蕁麻疹」に対しては、アレグラの含まれる第2世代抗ヒスタミン薬が第一選択薬とされています。蕁麻疹には突発性やアレルギー性など様々な病型がありますが、種類を選ばず全ての蕁麻疹に対してアレグラは有効です。

「皮膚疾患に伴うそう痒」の皮膚疾患には、湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症、アトピー性皮膚炎が含まれます。アレグラを内服することで、痒みの症状を抑えることができます。

花粉症を予防する初期療法に最適です。

アレグラは、花粉の飛散開始日の2週間前を目安に飲み始める「初期療法」に最適な薬です。
花粉の飛散は、ある日、突然始まるわけではありません。計測量にかからない少量の花粉が、飛散開始日より以前から飛んでいます。初期療法とは、そんな少量の花粉への暴露によって、水面下で進行している鼻の粘膜の炎症や過敏症の亢進を防ぐ治療法のことです。花粉症の発症を遅らせたり、花粉ピーク時の症状を軽くしたりなどの効果が得られます。

アレグラは効き目が緩和で眠気がおこりにくい薬です。眠くなりにくいアレグラでは、花粉飛散日前からの使用でもストレスなく使用することができます。

花粉症にアレグラが効かない場合は?

眠気がおこりにくい特徴を有するアレグラですが、効き目にあたる抗ヒスタミン作用はそれほど強くありません。初期療法による花粉症の予防には向いていますが、花粉ピーク時の症状を抑えるのには向きません。よって、既に激しい花粉症の症状が出ている状態から、アレグラを飲み始めても全く効かない場合があります。

効き目の強い花粉症の薬としては、ジルテックやザイザルが挙げられます。これらはピーク時でも強力に効果を発揮する代わりに、眠気が強くなりますので、アレグラと上手に使い分けるようにしましょう。
初期療法ではアレグラを服用して、花粉がピークになった時期だけに絞って強い薬に切り替えることで、治療にかかるストレスを最小限に抑えることができます。

アレグラの飲み方

アレグラは1日2回、朝晩服用してください。1回につき飲む薬の錠数は、成分の規格により異なります。

要するに1回の服用につき有効成分として60mgを摂取できるように調整しましょう。規格の大きなアレグラをカットする際には、ピルカッターを用いると便利です。食後の服用では効き目が低下する可能性があります。極力食前に服用を済ませておきましょう。

アレグラの副作用

アレグラで発現が報告されている副作用としては、以下が挙げられます。

臨床試験では、アレグラを服用した患者の16.1%に副作用の発現が報告されています。アレグラは花粉症の薬の中でも副作用が現れにくく、仮に現れても軽い症状であることがほとんどです。安全性が高く、身体に優しいアレグラは、副作用を気にすることなくご利用いただけます。

アレグラは眠くなりにくい薬です。

アレグラは「眠くなる」副作用をほとんど感じることなくお使いになれる花粉症治療薬です。従来の花粉症の薬は、全般的に眠気が出やすく利用者にとって大きなネックとなっていました。実際に日本で承認されている抗ヒスタミン薬の中で、眠気に関する使用上の注意がない薬はアレグラを含めて2種類しか存在しません。

眠くなりにくいアレグラは、長い運転や精密機械の操作を職業とする方の使用にも適しています。アレグラと眠気については、プラセボと比較する臨床試験で検証されています。アレグラを飲んだ患者とプラセボを飲んだ患者に対して、それぞれワープロ入力試験と自動車運転シュミレーターを実施しました。結果、アレグラ投与群とプラセボ投与群でそれぞれの成績に有意な差が見られませんでした。

参考文献:アレグラ錠 インタビューフォーム

使用に注意が必要な方がいます。

アレグラは、有効成分であるフェキソフェナジン塩酸塩に対して過敏症を持っている方は使用できません。また、以下に該当する方は、アレグラを使用した際の安全性が確立していない、または慎重な投与が必要となります。

該当する方は、アレグラの使用が禁忌とされているわけではありませんが、投与前に必ず医師への相談をしてください。

飲み合わせに注意が必要な薬があります。

アレグラの併用注意薬としては、以下が挙げられます。

制酸剤は、胃腸薬の一種です。フェキソフェナジンの吸収量を低下させて、アレグラの効果を減弱させる可能性があります。
エリスロマイシンは、マクロライド系抗生物質の一種です。フェキソフェナジンの排泄率の低下と吸収率の増加に起因して、アレグラ投与時の血中濃度を過剰に上げてしまう危険性があります。

アレグラの通販

病院で処方されるものと同じ医療用医薬品のアレグラは、通販で購入できます。 Amazonや楽天でアレグラを購入することはできませんが、医薬品専門の通販サイトならば購入が可能です。 継続的な服用によって効果を発揮するアレグラは、通販でまとめ買いすることで治療コストを抑えることができます。

トップに戻る
TOPページに戻る